SponsoredLink

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人材派遣会社とハローワークを活用する

派遣に関しては、派遣を依頼する会社は都会では
数社の人材派遣会社に依頼するところもありますね。

もちろんハローワークにも求人を出すこともありますが
それは正社員の場合で、派遣制度を利用したいなら
まずは人材派遣会社に求人を出すのが普通です。

人材派遣会社によってその後の人材の集まりなど
は違いますが、多く求人を紹介してもらった
人材派遣会社はチェックして次回も依頼して
人材を見込めると思います。

ハローワークでは公務員という職業柄、
派遣を依頼する会社も、登録の文句など
条件が多少厳しい傾向が見られます。

例えば、法などに習って、男性とか女性の
区別をして求人依頼を出せない項目があるなど
結構厳しいので、人材派遣会社なら民間なので
求人登録もしやすいと思われがちです。

人材派遣会社もハローワークも実際は法に習って
状況は同じなんですが、なぜか民間だと依頼
しやすいのでしょうね。

でも実際には自分の経験ですが、再就職手当ては
人材派遣会社を通しても対象になるのでしょうか

再就職手当てといっても、数万円支給されるのですから
就職祝い金などと思っても嬉しいですね。

派遣スタッフが抱える悩み

人材派遣会社を利用して、転職を考える時って
前の会社での悩みを引きずっていることがあります。

やはり多いのは、人間関係の悩みや、仕事内容の悩み
または給与の悩みなどが多いです。

でも正社員でも、アルバイトでもパートでもそのような
悩みを持つ状況は変わりません。

私の経験上、派遣社員でも悩みが多いのは人間関係の
悩みが多いと思われます。

派遣スタッフの中でも、派遣先企業の社員や職員との
人間関係のメンタル的な悩みを訴える方が多いですね。

そんな悩みを持つ方は、ちょっとした事があると
休みがちになり、また来なくなることもあります。

例えば体調がちょっと悪くして休んでも、
そのまま長期間休んでしまったりしますね。

また仕事内容の悩みですが、これには自分のスキルが
派遣先企業の仕事に付いていけないなどがあります。

多少給与が下がっても、人材派遣制度を利用して
空いた時間にスキルを高めるとか、スキルを活かせる
派遣先の仕事を選ぶなど方法もあります。

また、派遣制度でも紹介予定派遣を利用して
派遣先の会社に合えば、正規雇用も見込めます。

同じ働くなら派遣社員か正社員か

人材派遣制度を利用して、社員や職員への就職を止めて
派遣社員として働く方も増えています。

派遣スタッフといっても、最初は派遣社員として
働いて、その派遣先会社が自分に合っていたら
正社員として雇用を目指している方も多いです。

ただ、いわゆる派遣先の会社が引き抜くという形に
なるので、ご法度ではあります。

最初から派遣社員としては同じですが、半年後に
正社員として働ける見込みを持って紹介予定派遣として
働く方も多くいます。

でも、就職を控えた大学生などは、就職先をある程度
絞って、もちろん正社員を目指して就職活動をしますが
その就職活動の期間も数ヶ月という短い期間であります。

急いで、またあるいは滑り込みみたいな形で、就職して
みても、会社の社風に合わなかったとか、仕事内容が
合わないので辞めるわけにもいきません。

それならば、パートやアルバイトでしばらく勤める
方法もありますが、パートやアルバイトよりも
最初から人材派遣制度を利用したほうが無難な面もあります。

確かにボーナスなども無い部分はパートやアルバイト
も同じですが、敷居がある程度低く、勤めやすさでも
人材派遣制度の利用を考えてみてはいかがでしょう。

人材派遣会社の利点

人材派遣を利用する際に、皆さんが障害となる点って
どういうものでしょうか?

勤務時間や時給が障害となる場合もありますが、
自分に合った派遣先会社が見つからないときも
あります。

一般の会社員と違って、派遣制度により派遣された
派遣社員は、派遣先企業からの指示を受けて
働きます。

そして、時給などの給料は派遣元企業から支給される
ものです。

派遣元企業は、派遣先企業に紹介料ではなく、毎月
派遣先会社から割増分の時給を受け取り残りが
派遣社員に与えます。

派遣社員としてのメリットでいえば、例えば次の正社員
としての職場が決まっていれば、それまでのつなぎ
として派遣社員として働きつつ、キャリアアップを
図ることが出来ます。

また、派遣の形態として、一般的は派遣でなく
将来正社員として働けるかもしれない派遣として
紹介予定派遣もあります。

最低6ヶ月間は、派遣先企業に派遣社員として
仕事をし、社風や仕事内容を見極めてから、半年後
労使双方合意の上、正規雇用となる可能性も有ります。

また、派遣先会社で何か不都合な点があっても
上司に直接伝えることが難しくても、派遣元企業に
相談し、問題点を提案・改善することも可能です。

人材派遣制度を利用する

人材派遣の会社を利用する前に、自分の経験や資格を
十分に見極めてから登録するなり面接などに臨むことを
お勧めします。

これは派遣会社の心象を良くすることもあります。

派遣会社といっても、自分の働きたい地域にそう何社も
あるものでもありません。

仕事などを探すために、1社の派遣会社から嫌われたり
心象を悪くすると、後々噂は広まります。

人材派遣会社は、派遣社員としてその人を本当に
派遣先企業に紹介しても大丈夫か見極めることも仕事です。

派遣先企業にも、働いてもらう派遣社員にもメリットが
あると判断してもらうのが大事です。

一般派遣として働くのか、紹介予定派遣として働くのか
自分の意向も聞いてもらいやすくなります。

正社員よりも、またパートやアルバイトよりも敷居が
低く派遣社員として働きやすいのも現実ですが
仕事は無限にあるわけでもありません。

なるべく派遣前の研修や資格講座などを積極的に
受けて、自分の素質を認めてもらいましょう。

最近では大企業でも派遣制度を利用する会社も
多く、自分をアピールできる場は多くあります。

Appendix

フリーエリア

SponsoredLink

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。